入院・手術時の保証人受諾

入院・手術時の連帯保証人でお困りではありませんか?

高齢者の入院・手術時の保証人を引き受けます。

 

  • 配偶者と死別し、子供もいないので保証人になってくれる人がいない。
  • 子供がいるが、遠方にいるため入院時にすぐ駆けつけられない。
  • 配偶者や親に収入がないため、保証人として認めてもらえなかった。
  • 住所の違う保証人が2人以上必要だが、1人しかおらず困っている。
  • 子供はいるが、入院や手術のたびに手を煩わせたくない。

 

介護センターヒカリスルーでは、高齢者の方が入院・手術する際に必要な連帯保証人をお引受けいたします。

お一人暮らしの高齢者の方や、もしもの場合に頼れる家族や親戚がいらっしゃらない方にも安心して暮らしていただくための高齢者支援サービスです。

 

※保証人受諾には審査があります。

入院・手術時の連帯保証人を引き受けます。

病気や怪我で入院をしたり、手術をしたりする時には連帯保証人が必要です。

 

しかし独身の方や、すでに配偶者がお亡くなりになられた方、お子さんがいらっしゃらない方など、連帯保証人になってくれる方がいない場合も少なくありません。

また、ご家族がいらっしゃっても、遠方にいるため入院などの際にすぐに駆けつけられない方や、高齢で収入がないことで保証人として認められない場合もあります。

 

介護センターヒカリスルーでは、入院・手術の際に連帯保証人を求められてお困りの方をお手伝いできるよう、入院される際の連帯保証人を、法人としてお引き受けしております。

サービス内容

高齢者の方が入院される際に必要になる保証人をお引受けいたします。

入院・手術時の保証人は、契約日より満5カ年何回でも保証いたします。

入院・手術時の保証条件

入院時の保証人受諾サービスの申込者は以下の条件にあてはまる方に限定させていただきます。また、保証には審査があります

 

  • 高齢者支援サービスであるため、概ね60歳以上の方。
  • 兵庫県・大阪府の下記エリアにお住まいの方。 兵庫県(神戸市・西宮市・芦屋市・尼崎市・伊丹市・宝塚市) 大阪府(大阪市内全域・吹田市・豊中市)
  • 現在認知症を患っていない方。(申し訳ございませんが、すでに認知症の診断を受けている方は、任意後見人をたてることができないため、ご利用いただけません。)
  • 規定の預り金(5万円)をお預かりさせていただける方。
  • 銀行の残高証明が30万円以上取れる方。

 

入院時の保証人受諾にかかる費用

費用
■入院時の保証人受諾の受任料 50,000円
■事務手数料(生活支援登録費を含む) 18,200円
プラス

上記の受任料に加え、契約時に以下の預り金を預からせていただきます。

預り金
 入院時の連帯保証人預り金 50,000円

 

※入院中にサポートを希望される場合は、生活支援サービス(有料)もご利用いただけます。

保証人受諾までの流れ

  1. まずはお電話かメールでご連絡ください。当社規定の申込書を送付いたします。
  2. 申込書にご記入の上、ご返送ください。
  3. 当社で審査をさせていただき、可否をご連絡いたします。
  4. 正式にご契約させていただきます。

必要書類

  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 銀行の残高証明(30万円以上の残高が必要です)
  • 身分を証明するものの写し

お問い合わせ

入院時の連帯保証人でお困りの方のご相談を受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-04-0120 お気軽にお問い合わせください

メールでのお問合わせはこちらのメールフォームからお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ戻る